読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリに来ております

すべての写真-10669

ずっとバタバタしておりましたがお久しぶりです。
ただいま、パリに来ております。

今回の旅は、アパルトマンにて「暮らすような旅をする」こと。
…というか、3年前にパリ旅行に来た時、外食続きに限界を感じたこと(高い上に量が多い、肉中心になる)、パリ市内のホテルはどこも狭いこと、等々から色々調べて、パリには短期で借りられるアパルトマンがあることを知り、さらにこれが意外と安いということで、日本人オーナーの部屋を探して今回のアパルトマンホテルにしました。
今のところ非常に快適。
とにかく、家で料理が作れるというのはものすごくものすごくポイントが高いです。
初日にくったくたに疲れているとき、ラタトゥイユだけ作って食べましたが、日本の野菜と違って身がガッチリしっかりしていて、香りも個々の主張がすごく強い。玉ねぎの歯ごたえは煮てもかなりあるし、ズッキーニはなんだかホクホクしていて芋っぽい、等々違いがあるのが面白いです。

すべての写真-10668

今日はマレのマルシェに行って野菜と果物を調達。
仏語を習ってるくせに、やはりまだまだ拙い私なので、フランス語で話しかけて英語で返される、なんて旅行者あるあるが連続しておりますが、まあそれは仕方ない。
必死すぎて写真も撮れなかったよー

すべての写真-10675

お昼はサンジェルマン・デ・プレのル・ルレ・ドゥ・ラントルコートへ。
ここはフランス語を教えてくれているにゃんこ先生に聞いたのですが、メニューはサラダ、お肉、フライドポテトの1種類のみ。秘伝のソースをかけたお肉は2回に分けて提供されます。
すべての写真-10673 パリ市内に3店舗あるメジャーなレストランなのですが、予約ができないので、開店の12時ちょっと前から数組がじりじりとお店ににじり寄ってゆき、開店と同時に着席。すぐ満席、ってことはないものの、45分くらいでほぼ満席、くらいにはなっていました。

すべての写真-10671

すべての写真-10672


すべての写真-10670

私たちはレアで注文。
出てきた赤身肉の柔らかいこと!
秘伝のソースは、バジルと生クリームとほんのりココナッツが香る酸味の効いた味。とはいえ、秘伝なので詳細レシピはわかりません。ポテトもじゃんじゃん盛られるよー。
日本じゃなかなか柔らか赤身肉って食べないので、すごく美味しかったです。ソースの味も好きだわー
店員さんの服もシックなメイド風ですごく素敵でした。担当してくれたマダムもおしゃべりで楽しい人だったし!

すべての写真-10674

満腹になったあとは、ポンピドゥーセンターに移動し、ギャラリー見学。
色々話を伺って、部屋に戻戻ってモンマルトルへ。すごく近くて、歩いて5分10分で行けてしまう。
前回行ったときは雨だったのだけど、晴れると全然雰囲気も人の量も違う!サクレクール寺院に向かう道は初詣の参道のごとき混みようでした。

すべての写真-10676

すべての写真-10677

ちなみに今日はすごく暑くて、おそらく日本以上の気温。カラッとしているものの、やっぱり体にこたえる…。気温が高い分、冬より湿度が低いんじゃなかろうか。とにかく肌はパリパリになるし、あちこち痒いし、喉も乾く。
そして昼のお肉が効いていて、せっかくマルシェで買った野菜も食べれそうもありません。夕飯は抜きだなー。

明日も暑いみたいですが、まだまだ楽しみたいと思います。
あ、あと、部屋のWi-Fiがさっき何故か急に受信できなくなったので、それも聞いておかねば。もう夜遅いから明日だな…。
フランス語も頑張ります。