読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢丹貯金が満期になったので

repetto

先日、恒例の伊勢丹貯金が満期を迎えまして、靴を買いました。レペットのバレエシューズ、ブリジットです。

そろそろたいぶお腹も大きいし、パッと履けるフラットシューズが欲しかったのです。私の普段の服に合わせやすい物を考えて、レペットのマイケルが頭に浮かんでいたのですが、店頭で店員さんが履いているのを見てブリジットに。元々、ポインテッドトゥのバレエシューズってどうなの?とどちらかというとアンチだったのですが、人が履いてるのを見たら可愛いのなんのって! 試着してみてさらに、これ良いね! となり、購入に至りました。

まさかね、自分がレペットでバレエシューズを買うとは。この値段ありえん…といつも思ってたのに、ころっと宗旨替えしてしまいました。でもほんと、可愛くて。

ただ、ソールが薄い。ほんと薄くて、すぐ穴があいてしまいそうで心配。なので1回だけ履いて、ハーフソールを貼ってもらいました。つま先が傷みやすいので、つま先補強もお願い。レペットはブランドとしてハーフソールを推奨していないので、保証が効かなくなる可能性があるそうなんですが、そのまま履いてたらあっという間にダメになりそうなので仕方なし。どうせ履くなら少しでも長く良い状態で履きたいもんねえ。すぐへたってしまう華奢さがレペットの持ち味なのは重々承知ですが、そんなブルジョアな感覚は持ちたくても持てない庶民の私。すぐへたりそうなくらい華奢な作りだけど、実は丈夫ってのが理想であります。

が、日に日に増す身体のむくみ。バレエシューズはサッと履けるけど、底が薄くて足への負担が大きい。身体が重くなって足裏への疲れが増してる今、なおさらです。まだ慣れてないから靴擦れもあるだろうし、そこにむくみが加わると…ねえ。
結局のところ、スニーカーとビルケン頼みになって、意外とレペットの出番はないかも…なんて思ったり。てことは少しでも履きやすいマイケルを追加購入したいなーとか。いやでも今後のことを考えると、残りの伊勢丹貯金は取っておきたいわ、とか。(産後ダイエットを頑張って、次の満期にmameあたりで散財したい)
妊婦の体の変化はほんと想定外のことばかりで、なかなかどうして思うようにはいかないですね。うーん、やっぱり買うならスニーカーかしら。

妊婦メモ
・相変わらず安定期って何? の不安定っぷり。でもGWはお正月ぶりに実家に帰れました。久しぶりに父に会って上げ膳据え膳の3日間。
・お腹が張りやすい体質の様子。でも中の人はとても元気に胎動ボコボコ。活発すぎて性別がわからないとのこと。
・胎動が激しいときになべおさんに触らせたら大喜び。お腹が張っているときは撫でながら「まだ早いよー。落ち着いてー。」と話しかけている。でも張りは母体のせいだよ。
・明日から26週で体重は+5.8kg。こんなもんだろと思っていたら、妹に「ペース早いね」と指摘され少し焦っています。
・お腹が大きくなるにつれて持病の逆流性食道炎が悪化。再び胃腸科通い。胃腸科の先生と産婦人科の担当医が知り合いだと判明。世間は狭い。
逆流性食道炎どころか、横隔膜だか肺だかも圧迫されて、ちょいちょい息苦しくなる。夜胃が張ると苦しくて眠れなくなるので、夕食はほんのちょっとに抑えている。
・妹が勝手に胎児ネームを決めたと言ってきた。名前はジャロ。キリマンジャロが由来。でっかい人間になれよとの願いが込められているらしい。チョモ(チョモランマ)と迷ってジャロだそうです。